行政書士の資格はただ持っていたらそれで良いというものでもありません

行政書士の資格はただ所持しているだけでは特に意味がありません。
資格の良さを実感する為には、自分自身が行動していく事が必要になるでしょう。
行政書士は書類の作成などをしていく事によって報酬を得る資格という事になります。
そういった書類などを作成している事務所などに勤める事によって仕事をしていく事も出来ますが、自分自身の力で仕事をしていきたいと考えている場合には自分で事務所を立ち上げる事も一つの選択肢として考えられる事になるでしょう。
しかしその場合には、自分の力で仕事を勝ち取っていく事が必要になります。
どこかに勤めている場合には、与えられた仕事を毎日こなしていくという事になりますが、自分で仕事を始めた場合には仕事自体も自分で探し、獲得していく事が必要になります。
元々そういった仕事のつてなどがある場合には、問題なく仕事を獲得していく事が出来るかもしれませんが、全く初めての状態である場合には仕事を見つける事が何よりも重要であり、大変な問題になるのではないでしょうか。