ETCカードの審査はゆるいのか?選び方とは?

ETCカードを利用して高速道路の出口を通過する際、問題なければETCレーンの無線機と車載器で通信が行われゲートが開きます。

では、万が一出口でエラーが発生してバーが開かない場合はどうしたらよいのでしょうか。

もしエラーが起きたら車載器からエラーの警告音が出ます。

エラーに気づかないままレーンに入ってもゲートのバーには「STOP」の表示のみが出て、詳細がわかりません。

こういった時のためにETCレーンに減速しながら入っていくという決まりになっています。

もしバーが開かなかった時には接触しないように車を停めましょう。

その際、事故につながることがあるため停車後に焦って車外に出ないようにしましょう。

停車後はバーの手前にインターホンがあるので係員の指示に従うようにしましょう。

多くの場合、係員に直接カードを渡して処理しますがその際もETC割引は適用されるので安心してください。

高速道路を利用するときに便利なETC走行ですが様々なカードがあって選びにくいですよね。

ここではおすすめのカードを2つ挙げます。

発行手数料や年会費などを無料で済ませたい方にはライフカードです。

ライフカードでは誕生月にポイント還元率が通常の3倍になることや、対応している国際ブランドがVISAやJCBなどの有名なブランドから好きなものを選択できます。

2つ目に紹介するのはクレジットカードの年会費無料の楽天カードです。

クレカは年会費無料ですがETCカードの方は540円の年会費が発生します。

年会費がかかるのが気になるという方もいると思いますが楽天カードはポイント還元率が高くエネオスなどでガソリン給油時にもポイント還元があります。

この前、ネットを見ていたらこんなトリビアを見つけました。

それは、年会費無料のETCカードを使って現金レーンでの支払いができるということです。

料金所でカードを係員に直接渡すことで支払い処理ができるようですが基本的にはETC無線通行原則と言うものがあり無線通行しない場合は入口?出口の通行に関する情報がわからないため距離料金が適用されません。

料金所入口がETCレーンエラーで無線通行できないなど特別な場合は、料金所の係員に「車載器を設置している」ことを伝えてカードを渡して処理をしてもらってください。

出口料金所に来た際に料金所のない入口を無線通行していた場合は料金算出の起点がわからなくなるのでその料金所から最も遠い料金所のない入口からで計算されるようです。

高速道路などの有料道を利用するときなどに割引が使えたり一般レーンと比べてスムーズに料金所を通過できてお得なETCカードですが高速道路を利用しない時のカードの取り扱いを皆さんはどうしていますか?ネットで調べてみたところ多くの人が同じ疑問を持っているようです。

入れっぱなしの人の意見を見ると「高速に乗る段階になって挿入し忘れるのがいやだ」、「もし盗難されても使い道が限られているから気にしない」という意見がありました。

ただ挿しっぱなしの方の中には別のカードにしようと思ったらカードの挿し替えをしたら起動時に認識エラーが発生するようになってしまったという方や車検で預ける時やレンタカーの返却時に挿したまま預けてしまったといううっかりも報告されていました。

できればこまめに抜き差しするクセを習慣づけしましょう。

トラブルが発生するタイミングが悪い方っていますよね。

というのもこの前遠出しようと思いETCカードを使おうと財布の中を探しても見つからなかったんです。

家に帰ってから改めて部屋の中を探しても見つからずどうやら失くしてしまったようです。

こういったトラブル対応に慣れていないので焦ってしまいました。

まず最初にカード会社に紛失の連絡をしようと思い、紛失盗難デスクに電話をしたところそのまま再発行の手続きを行ってもらえました。

再発行時に手数料は必要ですが手続きをしてから2週間しないうちに再発行されたカードが届きました。

このように予期せぬトラブルに見舞われても落ち着いて行動をしましょう。

車に乗る方は持っていると便利な年会費無料のETCカードを作っていますか?現在持っていない方がカードを発行するにはクレジットカードの申込みが必要です。

すでに何かしらのクレカを使っている方は追加で発行してもらうことも可能ですが2枚目、3枚目のクレカを作る時に一緒に発行するのもいいですね。

クレカを所持していない方やサブクレジットカードを作ろうとしている方向けに様々な面からどこの会社に申し込めばいいか調べてみました。

高速道路を利用する頻度が少ない方ならライフカードなどに代表される年会費無料の会社がいいでしょう。

楽天でよくネットショッピングをされるという方ならETCの年会費はかかりますがポイント還元率がとても高くお得な楽天カードという選択肢もあります。

みなさんの生活環境やポイント還元率から自分に合ったカードを探してみてください。

全ての人が知っているようで知らないルールってありませんか?例えばETCの正しい使用方法はどうでしょう。

NEXCOのwebサイトで正しい使い方の案内が載っていたので簡単にまとめてみました。

まず、ETCカードには有効期限があるので車に乗る前に有効期限を確認しましょう。

車載器にカードを入れる際はカードの向きに気をつけましょう。

正しいカードの向きで挿入してください。

ETCレーンに入る際はレーンエラーなどで信号が赤になっていないかの確認と何かあったときにすぐ止まれる時速20km以下の速度で通行してください。

もし何らかの理由で出口の開閉バーが開かないというアクシデントが発生した時は決して車をバックさせず、レーン備え付けのインターフォンで係員の指示に従うようにしましょう。

大学進学や新社会人になるにあたって車の免許を取って遠くに出かけたいと思っている方もいると思います。

免許取り立ての方はクレカは持っていてもETCカードは持っていない方が多いと思います。

ネット上でもどこで手に入るの?といった質問も散見されます。

ここではETCカードはどうしたら手に入るか載せようと思います。

まず最初にETCカードは購入するものではなく申し込みをして発行されるものになります。

発行元はネクスコなどの高速道路事業社が発行しているETCパーソナルカードと一般的にETCと呼ばれてイメージするクレジットカード会社発行のカードの2種類があります。

もしすでにクレジットカードをお持ちでETC対応の会社なら追加発行の申し込み、対応していなければ新しくクレジットカードを申し込み、同時にETCを申し込みしましょう。

引用:ETCカード審査ゆるい?通りやすいのは?【即日申し込み方法】

就職や転勤などで大都市へ引っ越したことにより車が必要なくなった。

そんな方の多くはETCカードを所持していると思います。

カードの解約を検討する方が多いと思います。

クレカごと解約する方法とETCカードのみ解約する2通りがあります。

手続きの方法に関しては電話、郵送、webなどカード発行会社によって異なります。

郵送の場合は1週間前後、電話のみでも解約可能という場合は即日というように手続きが完了するまで時間がかかりますので郵送したから即破棄するというのはやめましょう。

手続きが完全に終了したという通知がきたら、磁気テープ部分とICチップ部分を読まないように真二つに切断し、外から見えない袋に入れるなどした後に燃えるゴミとして処分してください。

ETCカードを所持していないから作りたい!と思ったときに何が必要なのでしょうか。

それはクレジットカードです。

もしクレジットカードを持っていなく銀行のキャッシュカードしか所持していないという方は基本的にクレジットカードを作る必要があります。

しかしキャッシュカードの中でもクレジット機能がついているカードの場合はそのまま発行手続きができます。

銀行のキャッシュカードで作れない理由としてはETCレーンを通過するときにデビット支払いのように銀行口座から即時引き落としの方法にすると偶然口座にお金がない、違う口座にお金を移動してしまったという状況の時にETC出口を通れなくなってしまうからです。

車で遠くに出かけるときに割引が適用されるなど便利なETCカードですが、発行している会社が多くてどのカードを選べばいいか迷ってしまいます。

カードごとにどういった違いやメリットがあるのでしょうか。

多くの人が確認するのが年会費や更新費用の部分でしょう。

年会費については大きく分けて3つのタイプに分類され、1年間の利用していなくても年会費無料のタイプ、年に1回以上の使用で年会費無料になるなどの条件付きタイプ利用額や頻度に関係なく年会費が発生するタイプに分かれています。

同様に更新費に関しても無料と有料のカードがあり、発行費が有料なカードだった場合、多くのカードで更新費も有料になっていることが多いです。

自動車免許を取ったばかりの方の中にはETCカードを持っていないから父親からカードを借りてくる。

という学生の方をよく見かけます。

ETC制度の技術的・仕組み的には他人名義のカードでも利用できますが信用面で問題があるので家族・友人間でもカードの貸し借りはしないでください。

なぜかというと、クレジットカードの利用規約に本人以外の利用禁止という文が載っているからです。

クレカの仕組みを簡単に説明すると名義人の買物支払い時にカード会社が一時的に利用料金を立て替えてカード所有者の口座から後日引き落とすという形をとっています。

この支払方法はカードの名義人に対するカード会社の信用を前提にして成り立っています。

名義人以外の信用関係が成り立っていない第三者が利用しているのは規約違反となりカードの利用ができなくなる可能性があります。

「大学生のうちにクレカを作っておこう」と言うアドバイスを聞くことがあります。

学生だとクレカは作れないんじゃない?と思う方もいると思いますが学生はクレカの審査基準が少し緩く設定されているので社会人になってカードが必要になる前に申し込みをしましょう。

また、審査が優遇される以外にもポイント還元率のアップや最短で26歳まで継続するとゴールドカードへ自動ランクアップするなどのメリットもあります。

その際、車をお持ちの方はETCカードの申し込みも同時に行っておきましょう。

ネットショッピングなどでクレジットカードを利用・返済し続けることでカード会社が審査時に利用している個人信用情報機関にクレジットヒストリーというものが記録されます。

若いうちからクレジットヒストリーを作ることで社会人になってから利用上限額などが上げやすくなります。

ガソリンスタンドで給油するときに現金やクレジットカードなど様々な支払い方法が選べます。

最近年会費無料のETCカードを作ろうと思って調べていたところカードによってガソリン給油時に値引きやクレジットカードで支払いをした時のポイント付与が倍になるなどの様々な特典がつくカードもあるようです。

一例として、楽天カードの場合、ENEOSで給油やメンテナンスをした時にポイントが2倍貯まり支払い時に貯まったポイントの利用もできるそうなのでよく車を利用される方や高速道路を使う方は給油時・スタンド利用時の特典がついたカードの利用がお得です。

このようにカードごとに特典が違うので選ぶ際はいろいろ調べてみてください。

皆さんは毎月のクレジットカードの利用額はどのようにして管理していますか?特にカードを複数枚所持している方は管理が大変ですよね。

特に独立してプライベート用や仕事用でカードを分けている場合、確定申告時に利用履歴や明細を集める必要があります。

これはETCカードでも同じように明細が必要になります。

クレカでは1枚につき各カード会社のHPで照会をする必要が出てきますがETCの場合は「ETC利用照会サービス」という専用のページでカードごとに過去の利用証明書・利用明細の確認ができます。

出張などでレンタカーでETC利用した明細が必要ならば照会にわからなくなってしまうので気をつけましょう。