小顔とは?

 

多くの人が憧れる小顔。

 

小顔とは、その名の通りに顔が小さいことを示します。

 

具体的な基準はなく、いくつかの顔を比較することによって、小さいと感じる顔が小顔であると判断することが多いですね。

 

小顔が日常でよく使用されるようになってきたのは、平成9年頃からとされています。

 

モデルや芸能人に小顔の人が多いことから、美人の条件として小顔が挙げられるようになりました。

 

「あの人、小顔だから得よねぇ〜」といった話を耳にしたことはありませんか?小顔は全身のスタイルをも左右するほどの大きなポイントなのです。

 

体がぽっちゃりしていても、小顔であると太っている印象は持ちにくいものなのです。

 

また逆に、体は痩せているにもかかわらず、大きな顔の人は太っているイメージがあります。

 

このように、小顔であるか否かは今や、大きな関心事なのです。

 

さて、小顔といってもただ顔のサイズが小さければ良いのではありません。

 

顔のサイズは小さいが、二重あごの人は残念ながら誰もが憧れる小顔ではありません。

 

小顔の条件には、顔のラインがシャープであることが挙げられることも多いですね。

 

シャープな輪郭は顔がスッキリとした印象を与えるのです。

 

また顔の形が逆三角形であることも小顔であると言われることが多いですね。

 

それは顔のバランスの問題です。

 

小顔の条件としては、顔のサイズが小さいことももちろん大きく関係します。

 

しかし、目や鼻のパーツが大きく、口が小さいといった逆三角形の中にパーツが収まっていることも小顔の条件を満たしているのです。

参考にしたサイトリンク